クラウド会計ソフトのメリット・デメリットを解説【2019-03-31更新】お知らせ | 株式会社フューチャープロパティ|都心のオフィス、事務所、店舗。ポータルには載らない非公開物件多数!毎日9時~24時 1時間以内にお返事致します!

毎日9:00~24:00 1時間以内にお返事をいたします。

  • クラウド会計ソフトのメリット・デメリットを解説

    会社は毎年利益を計算して、申告を行う必要があります。
    その利益計算に欠かせないものが会計ソフトです。
    現在では、どの会社も会計ソフトを利用して会社の帳簿を作成しています。
    その中でも近年注目を浴びているのが、クラウド会計ソフトです。
    今回は、クラウド会計ソフトについて解説します。

    ◆クラウド会計ソフトとは?
     そもそもクラウド会計ソフトとは、どのような会計ソフトなのですしょうか?
    一般的に以下のような機能を持つ会計ソフトのことをクラウド会計ソフト言います。
    ①パソコン等の端末に会計ソフトをインストール不要
    ②銀行やクレジットカード等の取引明細を自動取得し、自動で仕訳を提案してくれる
    ③操作端末を選ばず、複数人での共有が可能
    ④請求書の作成機能があり、発行・消込・残高の管理が可能

    現在様々なサービスが提供されていますが、その中でもfreeeやMFクラウド(マネーフォワード)などが個人事業主や新設法人などを中心に人気です。

    ◆クラウド会計ソフトのメリット
    ◇自動取込み機能で手間が削減できる
     クラウド会計ソフトでは、銀行口座のネットバンキング、クレジットカード、amazonといった様々なサービスの取引明細と連動することができます。
    取引明細と連動させると、「日付」「取引内容」「金額」といった情報が自動で帳簿に反映されます。
    これまで、通帳を見て1行ずつ手作業で会計ソフトに入力していたことが、一瞬で入力されるため、会計入力の手間を大きく削減することが可能です。

    ◇過去の取引から勘定科目を記憶
     過去に自動取込み機能で連動した仕訳は、最初に勘定科目を指定してあげると、次回以降に同じ取引が発生した場合は、過去の勘定科目で仕訳が作成されるようになります。
    会計ソフトが過去の指示を記憶して、自動で反映してくれます。
    これにより、勘定科目の間違いを減らすことが可能です。

    ◇どこでも利用できる
     従来の会計ソフトはインストール型が多かったため、会社のパソコンでしか経理作業ができないという状況がありました。
    しかし、クラウド会計ソフトはインターネット環境さえあれば、どこからでも利用可能です。
    場所、時間を選ばずに、経理作業が可能になります。

    ◇どのOSで利用できる
     クラウド会計ソフトは、Mac、Windowsのどちらでも利用可能です。

    ◆クラウド会計ソフトのデメリット
    ◇動作が遅い
     従来のインストール型の会計ソフトと比べて、仕訳入力を行う際などの、動作が遅い印象があります。
    インストール型の会計ソフトに慣れている方は、少し気になるかもしれません。

    ◇仕訳の手入力には向かない
     クラウド会計ソフトは、取引データを取込むことを前提としているため、大量の領収書などを手入力で行う場合には不向きです。
    インストール型会計ソフトと比べると、仕訳入力に時間がかかってしまいます。
    領収書もデータ化して取込めるように工夫して使うことが大切になります。
    最近では、スキャンして送った領収書を仕訳データにしてくれるサービスもありますので、そういったサービスとクラウド会計ソフトを連動させて使うと、経理業務をより効率化できます。

    ◇過去にはシステムエラーがあったことも
     過去には、クラウド会計ソフトがシステムエラーで一定期間利用できないという状況がありました。
    こういったエラーは徐々に少なくなっていますが、申告期限に間に合わせる必要がある経理業務において、こういったエラーは致命傷になりかねないため注意が必要です。

    ◆まとめ
     クラウド会計ソフトは近年改良が進み、さらに使いやすくなっています。
    「現金払いからカード決済に変更する」「クラウド経費精算ソフトを利用する」など、経理効率化を考えて日々の業務から改善をすることで、よりクラウド会計ソフトによる効率化が可能になります。
    自社の経理業務を効率化したい会社様は、ぜひクラウド会計ソフトを利用を検討してみてください!


    寄稿して頂いた税理士事務所:税理士法人Sofa(弊社顧問税理士事務所)https://sofa-tax.jp/